テレセでやってはダメな行為

公開日: 

「テレセしてたら急に電話を切られた」
「気持ち良くテレセできたけど、次から相手と連絡できなくなった」

折角相手を見つけても上手く電話エッチで相手を気持ち良くできない、また自分だけがエッチな気持ちになり満足してしまった人も多く、次に繋がらなくなっている事があります。

自分だけが夢中にならない様に、テレセの時にやってしまいがちなダメな行動をご紹介します。

テレセをする雰囲気作りができていない

男性と違って女性はいきなりエッチな事が出来る様に出来ていません。恋人同士の様な何回も身体を重ねている関係でないといきなりテレセは難しいでしょう。

まず女性を興奮させるためにエッチな雰囲気作りが必要です。セックスで言うと前戯の様なものです。前にやってテレセの時の声が可愛かったとか、そういうセクシーな所が好きだな、などリップサービスをしておきましょう。女性にエロい事を想像させなければいけません。

写メや動画を求めすぎない

興奮してくると相手に対して更にスケベな要求をしてしまいます。エロ写メを送ってほしいとか動画を撮影して送ってというのはエロい気分を覚めさせる可能性が高いのです。
特にスマホの操作が複雑になるほど、そっちに夢中になり、エッチな気持ちが消えてテレセをする気分ではなくなります。
オナニーのオカズとして使いたいのなら、テレセが終わって相手がオーガズムに達してから写メや動画を要求してみましょう。

自分が射精して賢者タイムになっても我慢する

男性は一度射精すると一気に興奮が冷めていきます。逆に女性はゆっくりと興奮が醒めていきます。本番のセックスでも自分がいった後にすぐタバコを吸うような行為は女性から嫌われます。
男性は賢者タイムに入ってしまいますが、次の事を考えると相手の女性に合わせてテレセを継続しなければいけません。
自分が終わったからと勝手に電話を切ると、二度と女性と喋れなくなります。ですので男性は同時にイク様にタイミングを考えなければいけません。

まとめ

音や声で楽しむテレセも、相手がいて成り立つので気を遣わなければいけません。回数を重ねるほど、直接会ってラブホでセックスできる確率も上がるので頑張りましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑