女子大生とオナ電で一緒に気持ち良く見せ合いした体験談

公開日: 

先日評判のよいオナ電を初めてやってみました。出会えると言う評判だったのですが、個人的には気持ち良くオナニーできればそれで良かったんです。結局色々な女性が現れ、もちろん枯れた熟女もいっぱいいましたし、援助交際を希望する主婦がやたら多かったのはビックリです。

個人的に出会いたかったのは不倫ではなく、興味でオナ電募集をしていた純朴な女子大生です。処女だけど喪失したい、でも怖くてできないと言う女性を探していました。その女性とは電話でのみの会話で仲良くなってから一応、写メの交換をしていたのでどんな顔なのかというのはお互い分かっていたんですけどね。ことの発端はその女性から「電話でエッチなことしたことある?」という一言からでした。どう言い返していいか分からない状態で5分ほどが過ぎたとき、またその女性から電話番号を言われて、こっちに掛けてと言われました。

これはプライベートの電話番号ではありませんか!そこで「据え膳食わぬは男の恥」だと思って電話を掛けましたよ。彼女もオナ電をやったことがなかったらしく、お互いにぎこちなくではありましたが徐々に気持ちが高ぶっていくのが手に取るように分かりました。

「オナニーしてごらん」
「オマンコがヌルヌルしてる」
「エッチな音がいやらしいね」
「挿入して欲しい」
「入れるよ」
「お願い、おチンチンを入れて処女を奪って!」
「もっとかき乱して…」
「いやぁ!ダメ、イク!」
「一緒にイキたい!中に出してぇ!」

女の子が見ず知らずの男性との通知とは言え、こんなにエッチな言葉を言うなんてビックリしました。彼女ともした事がない行為を女子男性は指示通りオナニーに没頭していました。

あまりに興奮しすぎて大量に射精しました。最終的には、二人で同時にイキました。僕は言えの絨毯に思いっきりぶっかけてしまいました。モノ凄く気持ちが良かったんです。イッたあと余韻に浸っている間に電話が切れ、そのまま寝てしまいました。オナ電は気持ちよかったです。次は一緒にオナ見せしようといって約束して電話を切りました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑