女性に快楽を与えるテレセのテクニック

公開日: 

テレセを体験して楽しさや気持ち良さがわかったら、次は自分が積極的に女性をリードしてイカしたくなります。その為にはテレセのテクニックを磨く必要があります。電話の声だけで女性を気持ちよくして喘ぎまくらせてヌレヌレにできれば、更に満足できるテレセができます。

ここでは実際に使えるテレセのテクニックをご紹介します。

エッチな雰囲気作りの本質

テレフォンセックスのテクニックで雰囲気作りが重要とありますが、これは具体的にどういう事を言っているのかわかりません。

具体的には女性にエロい事を想像させてエッチしたくなる気分にさせる事です。

テレフォンセックスは映像がないので動画を見せて興奮するという事ができません。
ですので電話の声で女性にエッチな想像をさせなければいけません。

想像力を高まらせて、相手をリアルに感じさせれば、感度が上がり快感を何倍にもアップします。

まず電話が始まってもいきなり下ネタを言ったりと焦りすぎてはいけません。
普通の会話が盛り上がってから自然な流れでテレセに突入しましょう。

「部屋を暗くして、目をつぶってみて?声に集中しない?」とテレフォンセックスに集中させれば、想像力が高まり興奮しやすくなります。

リラックスさせ恥ずかしい気持ちをなくす

慣れている女性でない場合はテレセはとても緊張します。緊張するとエッチな気持ちが無くなるので、リラックスした状態を作る必要があります。

リラックスさせるには、ベッドやソファなど落ち着く場所に移動させる、呼吸を整える。
照れたり、恥ずかしがっているのなら「●●の声は可愛いからもっと聞きたい」といって褒めつつ求めるように言いましょう。

女性は変態的な行為をして相手にバカにされたくないので、緊張しているのです。
ですので、自分も興奮して変態的な気持ちになっている事を伝えてお互いに一緒にプレイしようといえば、女性も安心してテレフォンセックスに集中できます。

また経験を積めば、Mな女性の羞恥心を快楽に変えさせる様にできます。

具体的な動きを想像させる

テレフォンセックスが始まったら、愛撫に関する情報を出来るだけ具体的に相手に伝えましょう。ディープキスをするにしても、舌を舐め合うという表現だけでなく、唾液が絡む音、キスの途中で息を吸う音、またどういう部分を舐めているのかなど細かく表現します。

手マンもただグチョグチョというだけでなく「太ももからアナルの近くを中指で触って、クリトリスの周りを触っているよ」と伝えると女性もその通り動かします。

上級者になると焦らしプレイをするのも一つのテクニックです。
「早くクリトリスを刺激して欲しいのに、なかなか触らせてくれない、我慢できない!」
アソコを出してお互いに自ら刺激し合う時には女性は自分の世界に入っています。

まとめ:女性の感情をコントロールできればテレセは簡単

女性がエッチになるスイッチは男性と違い感情や気持ちの部分が大きいです。
ですのでリラックスしながらエロいことを想像させ、エッチが出来る状態にしなければいけないのです。

具体的な表現方法は慣れてくるとスラスラと言えるようになるので気にしないで問題ありません。

テレセの経験を積めば積むほどテクニックは上達します。深いオーガズムに達せさせることができれば、自信につながるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑